東京都北区の粗大ゴミ回収ルールは?

■東京都北区の粗大ゴミ回収ルールは?■

ゴミの分別は、マナーを守って暮らすうえで欠かせません。
特に粗大ゴミは各自治体によってルールも違い、普通のゴミの日に捨てるわけにもいかないですよね。
今回は、東京都北区の粗大ゴミ回収のルールについて紹介していきます。



北区で粗大ゴミを捨てるには申し込みが必要
北区の粗大ゴミの定義は「縦や横、高さのいずれかが30cmを超えるもの」となっており、通常のゴミとは回収方法が異なるため、粗大ゴミ受付センターへ回収の申し込みをしなくてはいけません。

申し込み手続きは、インターネットか電話で行います。
インターネットの場合、まず所定のサイトでメールアドレスを登録し、申し込み画面の案内に沿って必要事項を入力します。
電話の場合は、月曜日~土曜日の午前8時~午後7時までに連絡し、インターネットの場合と同様に名前や住所、ゴミの数や品目などを伝えます。

このとき、口頭で「回収予定日」(インターネットの場合は「受付番号」も一緒に受付確認メールで)が伝えられますので、必ず控えておきましょう。

では、申し込んだ後はどのような流れになるのでしょうか。

北区の粗大ゴミの出し方
申し込みが完了したら、市指定の販売店、コンビニ、スーパーなどで北区が発行している有料粗大ゴミ処理券を必要な金額分購入します。
この券に、控えておいた回収予定日や名前(インターネット申し込みの場合は「受付番号」)を記入し、粗大ゴミの見やすいところに貼ります。
処理券を貼らないと、それがゴミであるかどうか判別できないため回収してもらえません。

回収日当日は午前8時までに自宅の玄関前(集合住宅の場合は粗大ゴミ置き場か集合住宅入り口付近)に出します。午後3時までに回収されるので、立ち会いは不要です。

では、回収できないものはあるのでしょうか。

北区で回収できない粗大ゴミとは
まず、家電リサイクル法の対象となっているエアコンやテレビ、冷蔵庫、洗濯機などは、区での回収は行っていないので、購入した小売店に引き取ってもらいましょう。
また、事業所から出た粗大ゴミは回収許可を持つ廃棄物処理業者へ依頼しましょう。

そのほか、1辺が180cmを超えるもの(例えば物干しざおやウッドカーペットなど)は、切断したり折り曲げないと回収してもらえない場合がありますが、ベッドや書棚などの一般的な家具については、大きいものもそのまま回収可能です。
ただし、大人2人での運搬が困難な重量物については回収できないものもあるので、注意が必要です。

■まとめ■
北区で粗大ゴミを捨てる場合、あらかじめ申し込みをし、必要な金額分の粗大ゴミ処理券を購入してから回収してもらわなければいけません。

回収の際にはゴミの大きさ、出す場所などさまざまなルールが決められていますので、清掃事務所やインターネットで確認し、マナーを守りながら粗大ゴミを処理しましょう。

当社は「北区不動産」専門です。
赤羽駅周辺の不動産をお探しの方、ご売却をされる方は、ぜひ当社までお問合せください。
?Gg[???ubN}[N??

2021年2月17日