中古マンションの築年数と耐震性の関係について

中古マンションの築年数と耐震性の関係について

中古マンションを購入する際には、様々な条件を考慮する必要があります。
「築年数」「立地」「設備」など、何を優先するかは人それぞれですが、
地震の多い日本では、耐震性を優先する人も多いでしょう。
マンションの築年数と耐震性についてお伝えします。



1.おすすめの物件
中古マンションの価格は大体築20~25年程で底値になるケースが多いようです。
もちろん、立地や管理状態などにもよりますが、ずっと値下がりし続けるという
ことはありません。
築20年以上経過した中古マンションは価格も安定し、同じ条件(立地・広さ等)の
新築マンションと比較しても割安感が出てきます。
その分、住宅ローンの返済も楽になりますし、おすすめです。

マンションの寿命は、鉄筋コンクリート造で一般的に築後68年と言われています。
中古マンションだと老朽化を懸念する方も多いと思いますが、メンテナンスや管理が
適正であれば、特に問題はありません。

2.新耐震基準
1981年6月、現在の耐震基準が定められました。
旧耐震基準は「震度5程度の地震で倒壊しないこと」、新耐震基準は「震度6~7程度の
地震で倒壊しないこと・震度5程度の地震でほとんど損傷が生じないこと」と定義づけ
られています。
目安としては、昭和56年築以前の物件は旧耐震の可能性が高いです。
(昭和57年築は旧耐震・新耐震が入り混じっていますので注意が必要です。)

3.旧耐震基準
新耐震基準制定後に建築された中古マンションの方が絶対的に安全だと思いがちですが、
旧耐震マンションでも耐震補強工事を実施しているものもあります。
この場合は新耐震基準と同等と考えて問題ありません。

また、耐震性は地盤の硬軟にも左右されます。
そのため、耐震基準だけを見て一概に判断することはできませんので、
地盤なども確認しておく方が良いでしょう。

■まとめ■
いわゆる「旧耐震基準」のマンションでも耐震上安全なものも多くあります。
また、新築マンションに比べて割安感がありますので、購入後にリノベーションする
人も増えてきています。
耐震性は地盤にも左右されますので、予め調べておいた方がいいでしょう。

当社は「北区不動産」専門です。
新耐震物件はもちろんのこと、旧耐震物件なども多く取扱いしています。
細かな質問にもにお応えいたしますので、気になる点は遠慮せずに何でもお聞きください。
?Gg[???ubN}[N??

2021年2月27日