相続の流れ(身近な人が亡くなったら)

もし身近な人が亡くなったら、何をしなければいけないのでしょうか?
哀しみも癒えないうちに、まずはお葬式となりますが、それが終わっても、
次々とやることがあります。

特に、行政への届出などは全て期限が決まっていますので、これを守らなければなりません。
ざっとおさらいしてみましょう。(※は該当者のみです)




相続手続きの流れ
1)(死亡から)5日以内
・健康保険や厚生年金の手続き

2)7日以内
・世帯主の変更手続き
・国民健康保険・国民年金の手続き
・介護保険の手続き ※
・老人医療受給者の手続き ※
・医療の手続き、特定疾患受給者の手続き ※
・身体障碍受給者の手続き ※
・児童手当等の手続き ※

3)(相続開始があったことを知ってから)3か月以内
・相続放棄もしくは限定承認手続き

4)4か月以内
・所得税の準確定申告

5)10か月以内
・相続税の延納、物納の申請 ※
・相続税の申告 ※

6)2年以内
・埋葬料・埋葬費・葬祭費の申請 ※
・死亡一時金の請求 ※

7)3年以内
・死亡保険金の請求 ※

8)5年以内
・遺族年金請求、遺族厚生年金請求、寡婦年金請求 ※

どうですか?
結構やることがありますよね。
しかも、全て書類で提出する必要があります。

基本的には遺族・親族がやらなければいけないわけですが、
どこに何があるか分からない状態だと途方に暮れてしまいますよね。
突然亡くなったとしても、あなたの奥様はお子様は困りませんか?

「立つ鳥跡を濁さず」
終活がブームとなっているのも分かりますよね。


当社では(一社)相続診断協会の「争族を無くして笑顔相続に」の理念に賛同し、
笑顔相続の普及に努めております。
相続でお困りの方は、ぜひお声がけ下さい。

相続診断協会の「笑顔相続ノート(エンディングノート)」差し上げます。
問い合わせメールまたはお電話にて「笑顔相続ノ-ト希望」とお伝え下さい。


?Gg[???ubN}[N??

2021年3月1日