東京都北区の防災情報

東京都北区の防災情報

東京都北区には、多くの河川が流れています。
北区で発生可能性の高い災害は、台風や大雨による河川のはん濫、いわゆる水害です。
水害は大きな被害に繋がると考えられますが、北区ではその災害に備えて対策しています。



今回は住みやすい街、北区の防災情報をご紹介いたします。

水害被害を想定した北区の防災
北区には荒川・新川岸河・隅田川・石神井川と、4つの大きな河川が流れています。
台風や大雨、集中豪雨などで河川が氾濫した場合、大きな水害被害が発生することが考えられます。
こうした被害を最小限に食い止めるため、北区では多くの対策を行っています。

例えば区内の公共下水道は水害対策として、局地的な大雨も想定した整備を完了しました。
河川の水位が異常に上昇した場合は、水防本部を設置して監視体制を強化します。
北区洪水ハザードマップには、避難所の掲載とともに、4つの各河川が氾濫した際に想定される浸水の
深さを地図上に示しています。
また、近年多発しているゲリラ雷雨から身を守るためのリーフレットも作成しています。

北区の多方面での防災への取り組み
北区はさまざまな媒体で情報を提供しています。
NTTタウンページとコラボレーションしている北区の防災アプリ「防災タウンページアプリ」では、
防災タウンページに北区の専用ページを設け、独自の情報や機能を提供しています。
あらかじめ避難マップなどをダウンロードしておけば、災害発生時にはオフラインでも利用すること
が可能です。
この「防災タウンページアプリ」には避難マップをはじめ、浸水シミュレーション、北区からのお知
らせプッシュ通知などの情報・機能があり、とても利便性が高いアプリとなっています。


媒体だけではありません。
区では区民へ北区防災ボランティアを募集しています。
災害発生時には全国から多くのボランティアが集まりますが、北区防災ボランティアには、迅速かつ
円滑に活動できるよう、各機関と連携し、ボランティアの受け入れ・調整・あっ旋などを行うといった
役割があります。
防災ボランティアとして登録するためには、ボランティア講習会などへの参加が必要ですし、活動内容
には訓練活動も含まれます。

詳細については、北区の防災のホームページをご覧ください。

■まとめ■
近年、全国各地で大規模な災害が頻発しています。
災害はいつどこで何が起こるかわかりません。
そのような災害に備え、北区ではさまざまな対策を行い、地域の皆さんが安心して暮らせるよう
取り組んでいます。
みなさんも地域の防災について考えた上で、物件選びをしてみてはいかがでしょうか?


当社では、北区不動産売買専門です。
北区で不動産の購入を検討されている方はぜひ、お気軽にお問い合わせください。
?Gg[???ubN}[N??

2021年4月2日