「教育先進都市」を目指す東京都北区の住みやすさは?

東京都北区は、行政全体で教育の向上を目指しています。
子育て世帯向けの行政サービスや、教育機関の施設の再建設などを積極的に行う街の住みやすさについてご紹介します。

北区の住みやすさ①都心部へのアクセス良好
東京の北東部にある北区は足立区と板橋区に挟まれており、区内にはJRや東京メトロ、都電荒川線(東京さくらトラム)が走っています。
JRの駅は区内に11駅もあるため、東京都心部へのアクセスだけでなく、埼玉県の主要都市へ行くのも大変便利です。
赤羽駅から埼玉県の浦和駅までは約8分、大宮駅までは、約20分で行くことができます。
また王子駅から都心の新宿駅までは約25分、東京駅までは、およそ17分で到着します。
都心へのアクセスのみならず、埼玉方面への交通の便も良好なので通勤や通学に利用しやすいと大変人気なのです。

北区の住みやすさ②治安の良さ
北区は、子どもたちが毎日安心・安全に過ごせるよう、様々な取り組みを行っています。
その一環として、小学生に防犯ブザーを配布し、取り付けを推進しています。
防犯教育としては、安全対策の教材を使用し防犯教育を行っています。
区全体の取り組みとして、警備員による区内パトロールを、365日24時間体制で実施しています。
さらに、区では防犯カメラの設置費用の一部を負担しています。個人や事業主を問わず、街全体が治安対策に積極的に取り組みやすいよう、様々な工夫がされています。

北区の住みやすさ③子育て支援サービス
北区にある児童館では、毎年「親育ちサポート講座」という無料の講座を実施しています。
日々の子育てに関する悩みや心配事を児童館職員や参加者と一緒に話し合ったり、子育てに関するアドバイスをしてもらうことができます(0~5歳までの子どもを持つ親が対象)。
また、区では子どもの一時預かりをはじめ、病後保育や休日保育制度も取り入れており、いつでも子どもを預けることができます。

■まとめ■
北区に安心して長く定住してもらいたいという願いから、治安対策や子育て支援をより向上させるべく、様々な支援がなされています。
北区は街全体が成長・発展しつつ、家族が増えてもいつでも安心して暮らせる、そんな街です。


当社は北区不動産専門です。
不動産に関するご相談は、当社までお気軽にお問い合わせください。
?Gg[???ubN}[N??

2022年10月27日