東京圏の転入超過12万人

■東京圏(一都三県)の一極集中、再び強まる。
■東京都は約6.8万人の転入超過で2年連続。




住民基本台帳に基づく人口移動報告によると、昨年の東京圏(一都三県)では
転入者が転出者を上回る「転入超過」が126,515人だったとのことです。

中でも東京都は68,285人の転入超過で、コロナ期に転出超過となった年があっ
たものの、ここ2年は転入超過と足元では増加傾向が続いています。

東京圏以外では、大阪・滋賀・福岡の3府県のみが転入超過で、残りの道府県
はすべて転出超過とのことです。

進学や就職などを機に、若い人が都会へ出てくるのは昔も今も変わりませんが、
日本全体では人口減が進む中、東京への一極集中が進み、東京だけが独り勝ち
のような状況になっているのは、色々と問題もあるようです。

不動産業界でみても、東京(特に都心)の新築マンションの平均価格が1億円
を超えるなど高額化に拍車がかかっており、「もう一般の人には手が届かない」
との声も聞かれます。


弊社は相続不動産と空き家を専門とする会社です。
相続した不動産や空き家でお困りの方は、お気軽にお問い合わせください。

また、弊社では高く売る提案だけでなく、手取り額を増やすための具体的なご提案も
合わせて行っております。
相続した不動産や空き家の売却を検討されている方は、ぜひお問い合わせください。
?Gg[???ubN}[N??

2024年2月16日